腎臓病食なら宅配で~病気に負けない必勝ガイド~

カウンセリング

病気の治療

カウンセリング

腎臓病の方が行う透析というものは長い時間がかかるものであり、一般的には病院の専門的な施設で行うものとなっています。そのために、最近では送迎のサービスを行っている病院も多く、この様なサービスは様々な面で活用されているものとして知られています。

もっと詳しく

がんに勝つ

病院

樹状細胞療法とは、自分の体に備わっている免疫の働きを助けることでがんに対抗する、全く新しい治療法です。手術や放射線療法に比べ負担も低く、効果も実証され始めています。この治療法は今までの治療法がなしえなかったがん撲滅に寄与することも期待されます。

もっと詳しく

目に発生する病気

病院

飛蚊症は目に紫外線を浴びることで発生することがある病気であり、特徴として免疫力が低下している中高年の方の発症率が高いです。また多くの方は医療機関で治療を受けない方が多いですが、眼科を受診することで実は簡単に治る病気でもあります。

もっと詳しく

腎臓病は食事で治す

申告な状況であっても名医が解決に導いてくれますよ。悪性リンパ腫に悩まされたらこちらに相談してみませんか?専門医が対応します。

腎臓病食は宅配で美味しい料理が食べれますよ。栄養をしっかり考えられた料理を食べたいならこちらをチェック。

食事療法は我慢が必要

医者

腎臓病は、急性腎不全であれば回復が見込める場合がありますが、根本的な治療法が無いため腎機能が健康な状態に戻ることが難しい場合がほとんどです。よって、腎臓病では、早期発見によって、腎臓の機能を低下させないための治療を行います。腎臓病の進行を遅らせることが主な目的である食事療法が効果的であり、医師にも必ず勧められます。腎臓病は、尿素やナトリウム等の排泄機能も弱まることで症状が現れるので、食事療法は、尿素やナトリウム発生の原因となるたんぱく質や塩分を制限することが基本になります。その他にも、症状に応じて水分やカリウムの制限も必要な場合があります。医師や栄養士の指導を受けて、腎臓病食による食事療法を自分で行うことは可能ですが、食事の制限は思った以上に我慢を必要とするので、長く継続が必要なので家族等のサポートが必要なのが現実です。

共働ぎや一人暮しに便利

家族が食事療法の世話をする場合でも、医師や栄養士からの教えてもらえる腎臓病食のメニューは限られており、メニューがどうしてもワンパターンになってしまします。長期間行う必要がある食事療法においては、これは大きな問題ですが、減塩・低たんぱく食を考えることは大変です。このような時に便利なサービスとして腎臓病食の宅配があります。塩分やたんぱく質の制限がされている上に調理済みで宅配されるので、ご飯のときにレンジで温めるだけで食べられる手軽さも大きな魅力です。共働きの家庭や家族と遠く離れて一人暮らしでも宅配なら大丈夫です。味についても、塩分を控えることで物足りなくなってしまいますが、だしを効かせるなどの方法でしっかり工夫されているのでおいしく食べれます。 料理のバリエーションも豊かで、飽きが来ないよう工夫されています。注意しなければならないのは、宅配腎臓病食は価格が若干高いことです。1食800円程度になります。また、腎臓病食と明記されているものは少なく、多くのものが減塩食や低たんぱく食となっていますので、実施の塩分やたんぱく質は、食事の表示を見て自分で確認する必要があります。